「李家」の正体はユダヤ人でした。

「李家」の正体はユダヤ人でした。

李氏朝鮮の風景

突然ですが、皆さんは客家(ハッカ)という民族をご存知でしょうか。

知らない、聞いたこともないという方が多いかと思います。私も、つい最近まではそうでした。

ところが、実は客家が悪の元凶であり、その正体は「ユダヤ人」だったと明らかになってきました。

実はこの民族こそ、アジアを支配し続けてきた悪人たちのルーツであり、「悪魔崇拝者」の正体なのです。

今回は、その客家と李家についてです。

まずは「李家」について、「KAWATAとNANAのRAPT理論」で解明されたことをもとに、少し掘り下げます。

安倍晋三は「李家」だと暴かれました。

画像はこちらから転載

彼の父親の「安倍晋太郎」が、李氏朝鮮最後の皇帝「李垠」と、日本の皇族の「梨本宮(李)方子」の子供でした。

李垠の息子の「李玖」と、安倍晋太郎がそっくりでしたね。李方子と安倍晋太郎も似ています。親子レベルで。

また、夭逝した長男の「李晋」の「晋」の字が「安倍晋三」、「安倍晋太郎」に使われています。

しかも、安倍晋太郎自身も生前、自分は朝鮮人だと述べており、彼の体格も朝鮮人のものでした。つまり、安倍晋三は朝鮮王族の末裔だったのです。


また、安倍の母方も、「李氏朝鮮」の末裔でした。「岸信介」の先祖「岸(ガン)要蔵」がポイントでした。


この岸という名字を「木」と「子」と読み替えて組み合わせると、「李」という字が浮かび上がってきます。

李と岸について

実際、岸(李)要蔵が「李成桂(李氏朝鮮建国の祖)」の子孫だと示す記録もありました。

はっきりと「李成桂の末裔」で、「渡来人」すなわち在日朝鮮人だったとあります。

—————————————–(こちらから転載)

李要蔵ハ李成桂ノ末孫ナリ

寛政ノ頃、周防国ニ住ム。諸説アリ、氏ハ商人ナリ。然レドモ難破ニヨリ財ヲ失ウ。

在郷ノ士、大室・原・大津等ノ援ヲ受ケ、同地ニ居ヲ構エル。或ハ、氏ハ賊ノ頭目ノ一人ナリ。

同胞ノ悪行ヲ見兼ネテ同胞ヲ虐殺。帰順シタ渡来人トイウ。氏ハ貴人ナリ。宝刀ヲ携エ、ソレヲ財貨ニ替エテ財ヲナス。

—————————————–

安倍晋三は、父方も母方も双方「李氏朝鮮」王族の子孫だったのです。

在日は自由に「通名」を名乗り、日本人のふりをして紛れ込むことが可能です。安倍晋三の一族も例外ではなかったということですね。

安倍も「李家」の末裔を自覚し、誇りに思っているからか、自宅に「李氏朝鮮式」の家具を置いています。

その安倍晋三が属する血流の「李家」は、同じイルミナティの連中からも、嫌われているようです。

後藤田正晴は安倍晋三とその血統について、以下のように述べています。

——————-以下、(こちらこちら から転載)

あいつには岸の血が流れている。 みんなは岸の恐ろしさをしらない。

岸の血って、血縁っていうだけじゃないんだよね。 人としての情がない。

恥を知らない。 岸信介と安倍晋三に共通しているのは、その恐ろしさなんだ。

—————————————–

ここでいう「岸の血」とは、「李家」を表していたわけですね。

一応この言葉は「デマだ」ということにされていますが、それも怪しいですね。

後藤田本人の言葉ではなかったとしても、「李家」の悪質さと残虐性を知っているイルミナティの一派が、

この情報を流したと考えれば筋が通ります。

デマだとの噂を流布しなければならないほど、安倍にとって都合の悪い発言だった、とも言えます。

安倍晋三にとって、「李家の血筋」の秘密が暴かれるのがいかにマズいか、如実に示していますね。

後藤田正晴は「忌部氏」の末裔で、れっきとした天皇家の一員です。

—————————————–(こちらから転載)

彼の生まれは「徳島県」なので、「阿波忌部氏」ということになります。

そして、この「阿波忌部氏」は、実は「天皇」の行う「大嘗祭」のために代々、「麻」の着物をつくって献呈してきた氏族なのです。

—————————————–

そんな彼ですら、忌み嫌っている一族。想像を絶します。

では、その「李家」が統治していた李氏朝鮮とは、どんな時代だったのか。

一言で言えば、「暗黒の時代」でした。

李氏朝鮮では、「両班」という特権階級に居座った人たちが、庶民を過酷に支配し、苦しめました。

両班たちは自分の手で荷物を運ぶことすらせずに、ただ遊び惚けるか、権力闘争に明け暮れていたそうです。

当時の朝鮮を目にした人たちも、その惨状を生々しく書き残しています。

—————————————–(こちらから転載)

イザベラ・バード『朝鮮紀行』より

朝鮮の災いのもとのひとつにこの両班つまり貴族という特権階級の存在があるからである。

(中略)

両班は自分ではなにも持たない。自分のキセルですらである。慣例上、この階級に属する者は旅行をするとき、

おおぜいのお供をかき集めれるだけかき集めて引き連れて行くことになっている。

本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、両班に求められるのは究極の無能さ加減である。

従者たちは近くの住民を脅して買っている鶏や卵を奪い、金を払わない。

—————————————–(こちらから転載)

フォーク『米国海軍将校フォークの日記』

これら以上に重要な観察は、朝鮮王朝の救いがたい腐敗ぶりであった。

彼は11月5日の日記に、国民を力ずくで征服することで政府は維持されていると書き、

11月13日の日記には「官吏らは民衆を絞り上げている」―この表現はあちこちに見受けられる―

11月14日には「政府は一人の巨大な強盗と化している」と記した。とくに彼は、地方の特産物を王室と中央政府に供出させる貢物制度を通じて、政府がいかに収奪を働いており、また官吏は官吏で、

自分の私腹を肥やそうと貢物を巡って政府をどう騙しているかについても、詳細に記録した。

彼はこの制度こそ、自身がこれまで聞いてきたなかで「最悪」であると断定し、地方官庁の役人らは民衆の膏血を絞り取っている最悪の組織だと非難した。

—————————————–

井上角五郎『漢城廼残夢』1895

1886年に、朝鮮の京畿道と南部3道の忠清道・全羅道・慶尚道を巡回した。

まず、民衆が極めてわずかな財産と所得に頼って貧しく暮らしていることを指摘し、

それでいて彼らは誰も怠惰な生活をしていると批判した。しかし著者によれば、

両班は常民を虐待して衣食を得ており、常民はその残った衣食も両班に貪り取られるので、

仕事をする気も起こらなくて、怠惰になる」というのである。

—————————————–

彼ら両班は、まともに働くことはおろか、自分で歩くことすらしなかったようです。例えば、こんな風に。

安倍晋三が外交だと称して、税金を湯水のように使い遊び惚けたり、 政財界、マスコミの上層部と会食したり、お友達とゴルフに興じたりしているのとそっくりです。

今や安倍晋三は独裁制を敷こうと躍起になっていますが、同じく両班も暴君として当時の朝鮮に君臨していました。

—————————————–(こちらから転載)

両班は、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとくふるまっている

大両班は、金がなくなると、使いの者をおくって商人や農民を捕らえさせる。

その者が手際よく金を出せば釈放されるが、出さない場合は、

両班の家に連行されて投獄され、食物も与えられず、両班が要求する額を支払うまで笞打たれる。

—————————————–

ところで、両班が支配していた李氏朝鮮では、とんでもない非常識な風習が、日常的に行われていました。

例えば、「内腿の肉」を切ってそれを親に食べさせたり、指を切って血の飲ませたり、親の人糞を嘗める。

このような悪魔的な風習が「最大の親孝行」だったそうです。

そんな蛮行を繰り返し、支配階級の人間たちが怠惰に遊び惚けたせいもあってか、ものの見事に李氏朝鮮では、文化が停滞してしまったそうです。

—————————————–(こちらから転載)

李氏朝鮮はおよそ500年間続いたのだが、信じられないことにその間社会的な進歩は全く見られずかえって退化している。

その前の高麗朝までは荷車があったのに李氏朝鮮では荷車がなくなってすべて人が荷物を背負って運んでいた。

(中略) 

一般の朝鮮人は極端に貧しく貴族を除くとみな白いチョゴリを着ているが、これは染料が高価で貴族以外が染色することができなかったからだ。

500年間も何をしていたかと不思議に思えるがただ農民を搾取することだけでそれ以外は何もしてこなかった

—————————————–

さて、安倍晋三は、このような国を作って支配していた連中の末裔です。

彼が目指す「美しい国」とは「李氏朝鮮」のような国を指すのかもしれません。

自分たちは一切働かず、庶民を奴隷のようにこき使い搾取し、必要がなくなったり都合が悪くなったら、戦争にでも送り出して、自分たちに従わない人達を虐殺する。

安倍晋三は憲法改正を行って「李家」の身分と権力を復帰させた暁には、第三次世界大戦を引き起こして、自分にとって都合の悪い人間をまとめて葬り去るつもりなのでしょう。

(第三次世界大戦についての詳しい解説はこちら)

このまま彼が権力を握り続ければ、いずれこの日本は李氏朝鮮と同じ惨状になること請け合いです。

もっとも、もうすでにそうなりつつある、と言えるかもしれませんが。

改造安倍内閣の文科大臣に「萩生田光一」が就任しました。彼は安倍晋三、加計孝太郎と個人的に親しい間柄です。

画像はこちらから転載

しかも、安倍晋三は加計学園の裁判に勝利して、独裁政権を維持するために、同学園の役員だった「木澤克之」を最高裁判事に据えました。

画像はこちらから転載

木澤克之は加計学園監事の経歴を隠していたそうです。

つい先日、「KAWATAとNANAのRAPT理論」にて、京アニ放火事件は加計学園問題隠ぺいが目的だと暴かれたばかりです。

絶対に裁判に負けたくない。意地でも自分の権力を手放したくない。そんな彼や田布施一味の思惑が、透けて見えます。

ちなみに、安倍とズブズブなカルト「統一教会」も、元をたどると「李家」だと判明しました。

画像はこちらから転載

統一教会の機関誌「世界思想」のトップ絵を飾る安倍晋三。

文鮮明は「李龍道」が設立した教会の元信者だったそうです。「李家」ですね。

—————————————–(こちらから転載)

イエス教会の所属教会である明水台教会に通った。イエス教会とは、李龍道がイエスの親臨を主張する

柳明花を通して得た啓示に従って、1933年6月に設立したもので、李は同年10月に死去した。

よって両者に面識はない。文は同教会の講師を務め、

—————————————–(こちらから転載)

統一教(統一教会)などの教団や、黄国柱などの周辺にみられた神秘主義者を「血分け教」(混淫派)と呼び、

李龍道を「血分け教の開祖」と位置付けている

—————————————–

文鮮明も「李家」が立ち上げたカルト宗教を発展させたに過ぎなかった、ということですね。

ところで、李家のルーツを辿ってみると、案の定というべきか「ルシファー信仰」にたどり着きます。

先ほど申し上げた「李成桂」がそれを解くカギです。 彼は「女真族」出身だとする説があります。

李氏朝鮮の初代国王「李成桂」

—————————————–(こちらから転載)

女真族説

「全州李氏の一族とされるが、女真族の出身とする説もある。

父の李子春は、元の直轄領となっていた咸鏡道地域の

双城総管府に使える武人であった。この地域は女真族が多く住んでいた。

—————————————–

女真族は、もともとは「満州」のあたりにいた民族です。

満州国皇帝も、女真族出身の「愛新覚羅溥儀」でした。

愛新覚羅溥儀

—————————————–(こちらこちらから転載)

愛新覚羅氏(アイシンギョロし、あいしんかくらし)は、満洲(中国東北部)に存在した建州女真族(満洲民族)の姓氏で、清朝を打ち立てた後に中華を統一した家系。

元首(満洲国執政、後に満洲国皇帝)には清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀が就いた。

—————————————–

彼ら女真族は、「満州」と「北朝鮮」の国境にある「太白山(白頭山)」を神聖視しています。

白頭山

—————————————–(こちらから転載)

白頭山(はくとうさん、朝鮮語: 백두산 ペクトゥサン、簡体字: 白头山)は、中華人民共和国(中国)吉林省と

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)両江道の国境地帯にある標高2,744mの火山。古くは「不咸山」「白山」「太白山」と呼ばれた

白頭山周辺は、もともと濊・貊・粛慎が居住しており、彼らの聖地だった。その後この地における濊貊の勢いは

衰え、粛慎の後裔とされる女真(満州族)が霊山としていた。

—————————————–

この「太白」とは、「宵の明星」を意味しています。つまり、金星を指しているのです。

—————————————–(こちらこちらから転載)

太白(たいはく)は、以下の物を指す。

古代中国での金星

宵の明星 – 中国では、古くは、宵の明星と暁の明星とを別々の星と考えており、明けの明星を「啓明」、

宵の明星を「長庚」、と呼び分けていた。「太白」は金星そのものの他に、宵の明星=「長庚」を指す。

金星(きんせい、ラテン語: Venus 、英語: Venus )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星

地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月に次いで明るく見える星であることから、

明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」という。

—————————————–

「金星」ですか。 ルシファーですね。

—————————————–(こちらから転載)

ルシファー (Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも) は、明けの明星を指すラテン語で

—————————————–

つまり、李家は古くから悪魔ルシファーを「太白山」を拝んでいるということにして、コソコソと信じていたんですね。

さて、そんな彼ら「李家」とは、何者なのか。単に在日朝鮮人だった、というだけではありません。

実は、彼らの正体は「ユダヤ人」だったのです。

その「李家」と「ユダヤ人」を繋げるキーワードが、「客家」でした。

客家とは、華僑の三分の一を占める民族で、移民族だと言われています。

なんと、彼らの正体は「ユダヤ人」らしいのです。

—————————————–(こちらから転載)

客家とは、古代イスラエルの末裔とされていて、 約2700年前に国家を失った古代イスラエル人が預言者に従い、 長い旅の途中で仲間と別れて中国に残った部族が客家と言われています。

華僑(在外華人)人口の約3分の1を占める。客家を含む華僑はユダヤ人・アルメニア人・印僑と共に四大移民集団の一つ

と言われる。」 このように、客家にはよそ者という意味もあり、

(中略)

客家出身の政治家には、中国の鄧小平、台湾の李登輝、シンガポールのリー・クアンユーなどがいます。

(中略)

また、中国のユダヤ人と呼ばれることもあります。 中華民国(台湾)初代総統の孫文や夫人の宋慶齢、

元総統の陳水扁や前総統の馬英九、そして台湾プラスティック・グループ総帥の王永慶がいます。

さらに、香港の長江実業グループ会長の李嘉誠、タイの元首相のタクシン・チナワットと妹インラック・チナワット

も客家です。一方、マレーシアではクオック・グループ総帥のロバート・クオック(郭鶴年)や

クオック・グループ総帥のロイ・ヒャンヒョン(雷賢雄)、インドネシアのサリムグループ創業者の

スドノ・サリムや500年前に福健省から渡来してきたワヒド元大統領がいます。

ミャンマーでは、ビルマ(現ミャンマー)初代大統領のネウィン

そしてフィリピンの第11代大統領と第15代大統領のコラソン・アキノ、ベニグノ・アキノ3世親子が客家です。

コラソンの曾祖父が1861年に福健省から渡来してきました。さらに、フィリピンには

シューマートという大財閥があり、その総帥ヘンリー・シーも福建省出身です。アロヨ前大統領一族や

ロビンソンのゴコンウェイ財閥一族、フィリピン航空のルシオ・タン、ファーストフードのジョリビー、

チャオキングといった政財界の大物も祖先が福建省出身です。

このように、客家人というのはアジアを征服したと言っても過言ではないほど活躍しているのが分かります。

—————————————–

この「客家」は、他にも数々の学者や政治家を輩出しています。

「陽明学」の王陽明、太平天国の乱を主導した洪秀全、「朱子学」の朱熹など。

画像はこちらから転載

代表的な客家人達。宗教人や政治家が多いですね。

そうそうたる面子ばかりです。皆ユダヤ人の末裔だとすれば、この世界を支配してきたのは彼らだったということになります。

そもそも彼らユダヤ人(イスラエル民族)は、もともとは中東のあたりに住んでいた民族です。

イスラエル民族は、「十二氏族」から構成されています。

「ユダ、イサカル、ゼブルン、ナフタリ、ベニヤミン、ガド、ダン、レビ、シメオン、ヨセフ、アシェル」。

彼らはモーセによってエジプトを脱出し、ヨシュアの導きによってカナンの地に定住します。

ダビデという王様が立てられて、イスラエル王国は最盛期を迎えました。 しかし、のちに彼らユダヤ人は、衰退の一途をたどってしまいます。

王国は北イスラエルと南ユダに分裂し、北イスラエルはアッシリアに、南ユダはバビロンに滅ぼされました。

伝承によれば、そこから逃れたユダヤ人たちが世界各地に散らばっていったと言われています。その移動ルートが以下になります。

画像はこちらから転載

ユダヤ人の移動ルート

アジアの方に目をやると、確かに中国と日本に向かった人たちもいた、とわかります。

バビロン捕囚やアッシリアの攻撃から逃れた一部のユダヤ人達が、中国に流れ着いていたということです。

そして、彼らは「客家」と呼ばれるようになり、現地住民と混血していった。

「よそ者」と呼ばれるのは、ユダヤ人たちが漂流民だったからでしょう。「明」の時代に彼らは、中国風の名前を与えられました。

—————————————–(こちらから転載)

「明代(1368年-1644年)には、ユダヤ人は皇帝から 艾、石、高、金、李、張、趙 の7つの姓を授けられ、

これらは今日でも見識することが出来る。これらの姓は本来のユダヤ人の氏族の姓 Ezra, Shimon, Cohen, Gilbert, Levy, Joshua, Jonathan をそれぞれ中国風にしたものであるという。」

この記事から李姓がLevy族に与えられた姓だったことがわかるのだ。

—————————————–

なんと、「レビ」を中国風に読み替えたのが「李」だというのです。 つまり、李氏朝鮮や中国を支配している

「李家」とはユダヤ人だった、ということになります。

したがって、その子孫の「安倍晋三」も客家の一派、つまり「ユダヤ人」の末裔だと言えますね。

彼らは少なくとも宋の時代、普通に暮らしていたことがわかっています。

「開封のユダヤ人」と呼ばれていました。「司祭」や「レビ族」だったそうです。

—————————————–(こちらから転載)

バビロン捕囚の後紀元前6世紀に、異民族との婚姻を理由に預言者エズラにより追放され、インドの北西部

(石碑では「天竺」と記述されている)に移住した支族レヴィ族と司祭の一族が、開封のユダヤ人の起源であるという。

—————————————–

これまで散々「リチャードコシミズ」や「ベンジャミンフルフォード」のような陰謀論者が「ユダヤ人」だとして糾弾してきたターゲットは、「ロックフェラー」や「ロスチャイルド」のような西洋人ばかりでした。

彼らは「李家」の悪事をひた隠しにして、「アメリカが悪い」とひたすら嘘を垂れ流してきたということですね。

「リチャードコシミズ」も本名が「李詠進」で、しかも「客家人」の疑惑があります。

—————————————–(こちらから転載)

通名:輿水正 本名:李詠進 出身:福岡県 父親が在日一世。

母親が中国福建省出身の帰化人 妻は中国人の謝明香

—————————————–

「福建省」は客家人の多い地域でした。

—————————————–こちらから転載

客家

居住地域
中国(広東省、福建省、江西省、香港など)、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシアなど

—————————————–

「ベンジャミン」も「麻生太郎」、つまり「天皇家」と繋がっています。

(ベンジャミンと麻生太郎の繋がりについて、詳しくはこちら)

したがって、李家・天皇家の権力をはく奪した「アメリカ」、「ロックフェラー」を恨んでいるとも考えられます。

いずれにせよ、「客家」たちがユダヤ人の血を引いていることは明白です。

イルミナティ13血流の中でも、「李家」だけがやたらと浮いていて、実態がつかめませんでした。しかし、これで全ての謎が解けました。

(イルミナティ13血流についてはこちら)

「ユダヤ陰謀論」はもはや「陰謀論」ではなく、厳然たる「歴史的事実」だったのです。

最後に、「全能神教会」という中国のカルト宗教についても触れておきます。

同教会は、中国で最近勢力を拡大しているカルト宗教で、中国共産党により弾圧を受けています。

勧誘方法が非常に悪質で、ハニートラップ、金品、脅迫、脱会者への暴行などの犯罪行為を平然と行っています。

2014年には、殺人事件まで引き起こしています。

—————————————–(こちらから転載)

2014年5月28日夜、中国山東省招遠市のマクドナルド店内で、

6人の「全能神」カルト信徒が伝教拒否の女性客を殴り殺した事件。

人グループのリーダーは被害者に「てめえは悪魔だ! 鬼だ! 永遠に地獄に落ちればよい!」と叫びながら、

椅子と金属パイプで被害者の命乞いを無視して殴り続けた。

—————————————–

この教会の指導者が「趙維山」と「楊向彬」でした。

指導者の趙維山と、「女キリスト」を自称する「楊向彬」。

先ほど「客家」の一派が「李」と名乗ったとありましたが、他の姓にご注目ください。

—————————————–

明代(1368年-1644年)には、ユダヤ人は皇帝から 艾、石、高、金、李、張、 の7つの姓を授けられ、

—————————————–

なんと、客家の一派には「趙」と名乗った人もいるとあります。

つまり、趙維山は「客家」の可能性があるのです。

しかも、趙と「楊向彬」は、もともと「ウォッチマンニー」と「ウィットネスリー(李常受)」の「地方召会」の信者でした。 「李家」ですね。

—————————————–(こちらから転載)

1991年、中国西部の地方召会であり、呼喊派として知られる、ウィットネス・リー(Witness Lee)(1905 – 1997)が設立した団体の集会に参加していた

黒竜江省出身の趙維山氏は当時呼喊派(こかん)の独立団体において信者を指導する立場にあった。

—————————————–

さらには、教団が誕生した場所が「満州国」のあたりです。(画像はこちらから転載)

黒竜江省と満州国の位置

—————————————–(こちらから転載)

1991年にキリスト教の一派として黒竜江省にて誕生したとされる。創始者は趙維山。

—————————————–

教祖が「客家」、すなわちユダヤ人で、「李家」の宗教の信者だった。

先ほど申し上げた通り、李氏朝鮮の王族は「女真族」から出ていました。

つまり、満州国は「李家」が作ったと捉えることもできます。

で、全能神教会の誕生した場所が「満州国」のあたりだった。

要するに、「全能神教会」も李家(ユダヤ人)の悪だくみの一環だった、ということですね。

Twitter上では、彼らがありとあらゆるキリスト教系の教会、団体に潜り込んで破壊工作をしていると暴れました。

そちらについては、情報拡散している方のツイートを、ご覧いただければ良いかと思います。

「ユダヤ人」について、深く理解するためには「聖書」の知識が必要不可欠です。

今日触れた部分は、ほんの一部に過ぎません。

ご興味がわいた方は、RAPT BLOGの2019年6月分の「有料記事」、「朝の祈り会」をご購読ください。

RAPT BLOG 有料記事

「KAWATAとNANAのRAPT理論」のチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Copyright 2020 Giorno Di Gioia All Rights Reserved.