藤原鎌足の正体は在日で、ユダヤ人だった。

藤原鎌足の正体は在日で、ユダヤ人だった。

今回は、「藤原鎌足」についてです。

先日の「KAWATAとNANAのRAPT理論」チャンネルの中で、「藤原鎌足はユダヤ人だった」と暴かれました。

それについて補足させていただきます。

藤原鎌足は、天智天皇とタッグを組んで「大化の改新」を引き起こしました。

そして、それ以外の彼の功績については一切習いません。古代史ではかなりの重要人物なのに、その素性が隠されている訳です。

どうしてでしょうか。

実は、「藤原鎌足」は百済王族の「扶余豊璋」と同一人物だとされています。

その証拠がいくつか挙げられます。「白村江の戦い」の際の、「藤原鎌足」の動向についての記述が欠落していました。その一方、同じタイミングで百済の「扶余豊璋」が天智天皇に援軍を要請しています。

———————————こちらから転載

㉚また、当時の日本と唐の国力比から言って勝ち目のない、したがって日本国を重大な危機に陥れる危険があった「白村江」に、

"百済救援"という名目で、現代の人口比でいえば約200〜300万人にも上るという大軍を送ることを天智天皇に執拗に迫ったのは中臣鎌足でした。

㉛実は、その背景には鎌足の出自にまつわる謎があります。まず、唐・新羅の圧迫を受け、崩壊した百済の君臣は囚われの身になりました。

が、鬼室福信という武将が百済王家を復興しようと立ち上がり、660年9月に使者を立て、救援とともに「人質として日本に居た百済王子・豊章(ほうしょう)を召喚し王にしたい」との要請をします。

㉜豊章は帰国して百済王になりますが、人気の高かった鬼室福信を嫌い謀反の疑いで殺害。知将を失った百済は白村江の戦いで大敗、日本の大軍に守られていた豊章は「行方知れず」とされています。

———————————

その一方で、天智天皇の側近である鎌足についてのこの時期の記述が、日本書記から欠落しています。

また、藤原鎌足は「韓人」と呼ばれていました。

さらに、藤原鎌足は「内大臣」にまでしか出世できませんでした。当時「国籍条項」があって、「右大臣」という最高職にはなれなかったとされています。

そして、「扶余豊璋」も「藤原鎌足」も「大織冠」を贈られています。

では、その「扶余豊璋」とは何者なのでしょうか。

実は、彼は「ユダヤ人」でした。その謎を解くカギは、「扶余」と「百済王族」のルーツにあります。

そもそも、「扶余豊璋」とは扶余族出身の豊璋という意味です。この扶余族が問題でした。

扶余族は満州付近にいた民族です。

———————————こちらから転載

夫余(ふよ、朝鮮語: 부여、拼音: Fúyú、正字体:夫餘)は、現在の中国東北部(満州)にかつて存在した民族およびその国家。扶余(扶餘)とも表記される。

———————————

この扶余族の建国神話には「ユダヤ人」が登場します。

百済王族の祖は「温祚王」で、「朱蒙」の息子でした。

で、朱蒙は「扶余族」です。もともと、彼は「東扶余」の王子でした。ところが、王位継承の争いに巻き込まれて、朝鮮半島に逃れて、「高句麗」を建国しました。

さらにさかのぼると、扶余国の始祖は「解夫婁王」だとされています。彼は「ヘブル」とも読めることから、ユダヤ人の末裔でした。

———————————こちらから転載

百済を建てた温祚王は高句麗の始祖、朱蒙の息子であり、朱蒙はもともと東扶余にいた。

さて、この夫余族を調べていくと面白いことが分かる。

夫余の始祖の名前は「解夫婁」といい、古代朝鮮語で「ヘブル」と読んだ。

国史高麗本記によると、次のように書かれている。 始祖、東明王(ドンミョンワン)は、 姓は高(コウ)氏、名は朱蒙(ジュモン)だ。 北扶餘の王、解夫婁(ヘブル)が東扶餘から分かれ、 解夫婁が死ぬと、金蛙(クマ)が王位をついだ

———————————

朱蒙もその本姓が「高」でした。これは中国にやってきたユダヤ人が名乗っていた名前の一つです。「コーヘン」ですね。

———————————こちらから転載

明代(1368年-1644年)には、ユダヤ人は皇帝から 艾、石、、金、李、張、趙 の7つの姓を授けられ、これらは今日でも見識することが出来る。

これらの姓は本来のユダヤ人の氏族の姓 Ezra, Shimon, Cohen, Gilbert, Levy, Joshua, Jonathan をそれぞれ中国風にしたものであるという。

———————————

また、藤原鎌足は「中臣」と名乗っていました。で、中臣氏の祭神は「アメノコヤネ」です。この「コヤネ」も、「コーヘン」が変化したものだとされています。

———————————こちらから転載

ちょうど2年前の2011年2月28日のブログで、中臣氏とイスラエルのレビ族の共通性を書きました。

レビ族は、別名、コーヘン又はコーエンと言います。

コーエンは少しなまると、コヤネになるのではないでしょうか?

イスラエルの地から、はるばる日本に来たわけですから、音韻変化が起こるのは当然だろうと思います。

———————————

そもそも、コーヘンはユダヤ教の祭司を意味する言葉で、それが転じてユダヤ人の人名となりました。

つまり、藤原鎌足はユダヤ人だったとなります。

しかも、彼は「六韜」を熟読していたそうです。六韜は中国の兵法書でした。

この中には「虎韜」があって、「虎の巻」とも呼ばれています。

「虎」とは「ユダヤ教の律法」から取られていました。

モーセ五書はヘブライ語で「トーラー」と呼ばれています。この「トーラー」が転じて「虎」になったのではないか、という訳です。

———————————こちらから転載

そして極め付きが「トラの巻」。古代のイスラエル人は、シナイ山で神から「トーラ」という巻物を授かった。山伏は山で天狗から巻物を授かった。

———————————

モーセ五書は「創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記」からなる書物です。ユダヤ教の祭司たちはこのトーラーに基づいて神様に仕えていました。

鎌足は自分と同じ「ユダヤ人」が伝えた軍略書を読んで、大化の改新を成功させた訳です。

天智天皇のひ孫にあたる「桓武天皇」は、百済の王族の末裔でした。生母の高野新笠が百済の武寧王の血筋です。

———————————こちらから転載

高野 新笠(たかの の にいがさ、生年不詳 – 延暦8年12月28日(790年1月17日))は、光仁天皇の宮人、後に夫人。

桓武天皇・早良親王・能登内親王の生母。桓武天皇の即位後、皇太夫人。薨去後に贈皇太后、贈太皇太后。諡号は天高知日之子姫尊(あめたかしるひのこひめのみこと)。

父は百済系渡来人和氏で史姓の和乙継(やまとのおとつぐ)、母は宿禰姓の土師真妹(はじのまいも)(真姝とも)。父方の和氏は『続日本紀』では百済武寧王の子孫とされている。

———————————

百済の王族が天皇家とくっついているのは、藤原鎌足が百済人だったからだと考えればすっきりしますね。

また、藤原鎌足は「大化の改新」の後に、初めて元号を使用しました。

西暦は「キリストの生誕」を基準として年を数える記年法です。藤原鎌足はユダヤ人で、神様とキリストに反逆したかった。だから、わざわざ元号を定めたのではないのでしょうか。

そのユダヤ人である鎌足の末裔が「麻生太郎」でした。彼は「マフィア」のようなファッションをしているとよく言われますが、この格好は実は「ユダヤ教徒」ともそっくりです。

本当は、ユダヤ人であることを強調したいのかもしれませんね。

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Copyright 2020 Giorno Di Gioia All Rights Reserved.