水戸黄門は李家で、田布施一味と徳川家は裏では一つに繋がっていた。

水戸黄門は李家で、田布施一味と徳川家は裏では一つに繋がっていた。

平日の夕方にテレビをつけると、時代劇の「水戸黄門」が放送されているのをちょくちょく目にします。

同じ展開で内容が古臭いので、真面目にじっくりご覧になられる方は、そうはいないかもしれません。

実は、この「水戸黄門」が何度もしつこいくらいに放送されているのには、とある理由があります。

以前、KAWATAとNANAのRAPT理論では、テレビ各社が在日、李家に乗っ取られていることが明らかになりました。

「TBS」と「韓国総合TVNEWS」の住所が同じでした。

こちらから転載

で、TBSは「李家」の力がマスコミの中でも際立って強い可能性があります。

実際に、新卒採用サイトに堂々と「李民和」なる李家の女性が顔出ししています。

こちらから転載

彼女は過去に「在日は武器」と内定後のインタビューで豪語していました。

こちらから転載

この女性、「李家」の中では結構な重鎮のようで、「在日本大韓民国民団」の学生部女性会長を務めていたそうです。

この通り、TBSは明らかに「李家」によって牛耳られており、それを隠す気はないようです。

水戸黄門は、「TBS系列」で放映されていました。つまり、「李家」にとって水戸黄門は重要人物だから何回も放送していたのではないか、と考えられるわけです。

明治維新の原動力となったきっかけは、「尊王攘夷」です。

ざっくりいうと、「天皇を崇めて、外国の敵を滅ぼす」という思想です。

実は、この「尊王攘夷」は「徳川家」が生み出した言葉です。

えっ?どうして江戸幕府の徳川が、自分で自分を否定するような思想を作るの?

こう思う方も多いでしょう。

しかしながら、実は「徳川家」も一枚岩ではありませんでした。

そもそも、江戸時代、徳川家は「次の代の将軍」候補が途切れないようにするために、いくつもの「分家」を立てて日本各地に配置していました。

「会津(福島)」、「越前(福井)」、「紀州(和歌山)」、「尾張(愛知)」そして「水戸(茨城)」。これらが比較的規模の大きな支流でした。

で、問題は「水戸徳川家」です。

「水戸徳川家」と聞いても、あまりイメージがわかないかもしれません。

が、「水戸黄門」ならご存知の方も多いでしょう。

水戸黄門は本名が「徳川(水戸)光圀」で、水戸藩主でした。なんと、彼が「明治維新」のそもそもの元凶を生み出しているのです。

彼は「水戸学」を立ち上げました。この学問では「尊王」つまり「天皇制」を持ち上げています。なんと、「吉田松陰」や「西郷隆盛」は水戸学の影響を受けて、倒幕運動に傾倒していったそうです。

「尊王攘夷」という用語も、「水戸学」から出ています。

「水戸学」の「藤田東湖」が、初めて「尊皇攘夷」という用語を使用したそうです。

——————————–こちらから転載

中でも、この弘道館の教育理念を示したのが「弘道館記」で、署名は徳川斉昭になっているが、実際の起草者は藤田東湖であり、

彼は「弘道館記述義」において、解説の形で尊皇思想を位置づけた。これらは水戸学の思想を簡潔に表現した文章として著名で、そこには「尊皇攘夷」の語がはじめて用いられた

——————————–こちらから転載

全体的に水戸学=大義名分論とする尊皇論で貫かれており、幕末の思想に大きな影響を与えた。

その「愛民」「敬天愛人」といった思想は吉田松陰や西郷隆盛をはじめとした多くの幕末の志士等に多大な感化をもたらし、明治維新の原動力となった。

——————————–

で、水戸黄門も「李家」でした。

まず、「黄門」とある通り、「黄色」ですね。李家紋も「黄色」でした。時代劇の水戸黄門も、黄色い服を着ています。

ちなみに黄門とは、「中国の宮殿の門」を指すそうです。

——————————–こちらから転載

中国の宮殿の門のこと。「禁門」(きんもん)ともいう。秦や漢において、宮殿の門が黄色に塗られていたことに由来する。

中国皇帝に近侍して勅命を伝える職務であった「黄門侍郎」(または「給事黄門侍郎」)の略。

転じて、日本の中納言の唐名を「黄門侍郎」または「黄門」という(水戸黄門など)。

漢における宦官の職名である小黄門や中黄門のこと。

仏教用語で、性的倒錯、あるいは生殖器に異状がある人を指す。

——————————–

「性的倒錯」も意味するそうですね。水戸黄門は「ホモ」でした。まさに黄門さまは「性的倒錯者」で、それを堂々と人前でカミングアウトしていた訳です。

——————————–こちらから転載

当時の人物としては普通に衆道(註:男色、ホモを指します)のたしなみもあった。光圀は政治を例えて「男色ではなく女色のようにしなければならない」と言った。

女色は両方が快楽を得るが男色は片方だけ快楽であり片方にとっては苦痛でしかない。政治は女色のように為政者も民も両方が快楽を得るようにしなくてはならないという意味である。

——————————–

また、本名の「徳川光圀」の「光圀」は、「晋書」から取られています。

——————————–こちらから転載

3代将軍・徳川家光から与えられた「光国」の名は、中国の古書「晋書」の「聖徳龍興して大国を光有す」によるが、56歳の時、自ら「国」を「圀」に変えた。

——————————–

「晋書」は「唐」の「李世民」が編纂させた書物でした。李家ですね。

——————————–こちらから転載

玄武門の変により兄で皇太子の李建成を排除して帝位を簒奪した太宗・李世民は、房玄齢を総監として未編纂の史書を作ることを命じ、『北斉書』・『梁書』・『陳書』・『隋書』・『周書』と『晋書』が編纂された。

——————————–

彼の号は、「梅里」ですね。「梅」とは「李家」の象徴です。

——————————–こちらから転載

徳川 光圀(とくがわ みつくに)は、常陸水戸藩の第2代藩主。「水戸黄門」としても知られる。 諡号は「義公」、字は「子龍」、号は「梅里」。

——————————–

で、彼が水戸学を立ち上げるきっかけとなった人物が、中国の儒学者「朱舜水」でした。

——————————–

また、光圀は日本へ亡命した明朝遺臣である朱舜水を招聘し、彼らより歴史の正統性の意味を諭された。

特に、南北朝時代の南朝方武将楠木正成の忠誠心を朱舜水に示唆された(そもそも日本の正史にとって、北朝と南朝のどちらをとるのかは最大の選択「本朝の大事」だった)。さらに、北畠親房の『神皇正統記』の影響を受けていた。

——————————–こちらから転載

明末清初の時期には中国から日本へ多くの文人が渡来し、大名家では彼らを招聘することが行われていたが、寛文5年(1665年)6月には常陸水戸藩主の徳川光圀が彰考館員の小宅処斎を派遣して舜水を招聘し、同年7月には江戸に移住する。

舜水の学問は、朱子学と陽明学の中間にあるとされ、理学・心学を好まず空論に走ることを避け、実理・実行・実用・実効を重んじた(経世致用の学にも通じる)。

光圀は舜水を敬愛し、水戸学へ思想的影響を与えたほか、光圀の就藩に際しては水戸へも赴いており、光圀の修史事業(後に『大日本史』と命名)の編纂に参加した安積澹泊や、木下道順・山鹿素行らの学者とも交友し、漢籍文化を伝える。83歳で死去。

——————————–

光圀は「水戸学」の書物「大日本史」に税金を湯水のように使って、水戸藩の財政は傾いてしまったそうです。

——————————–こちらから転載

「大日本史」の編纂に水戸藩は多大な費用を掛けた。一説に藩の収入の3分の1近くをこの事業に注ぎ込んだといわれている(3分の1説の他、8万石説、3.5分の1説、3万石・5万石・7万石説、10万石説などがあるが、いずれも根拠は明確でない)

——————————–

唐突に「水戸黄門」と中国の学者が繋がってくるのが、実に不自然です。

朱舜水は「客家」でした。「ユダヤ人」です。

——————————–こちらから転載

客家出身の政治家には鄧小平、洪秀全、台湾総統の李登輝、シンガポール建国の父リー・クアンユー、フィリピンのアキノ大統領・・・陽明学の陽明、朱子学の朱子、水戸学思想の祖「朱舜水」をも誕生させた優秀な民族と言われています。

——————————–

また、「陽明学」と「朱子学」の影響を受けていますね。

——————————–こちらから転載

紀伝体の日本通史(のちの大日本史)の編纂が目的であった。当初の史局員は林羅山学派出身の来仕者が多かった。

藩主就任後の寛文3年(1663年)、史局を小石川邸に移し、彰考館とする。寛文5年(1665年)、亡命中の明の遺臣朱舜水を招聘する。舜水は、陽明学を取り入れた実学派であった。

——————————–

「朱子学」の創始者は「朱熹(朱子)」で、「陽明学」の始祖は「王陽明」です。で、彼らは二人とも「客家(ユダヤ人)」でした。

——————————–こちらから転載

歴史上、思想家、革命家、政治家に客家出身者がいる。朱子(朱子学)、文天祥(南宋末の愛国者)、王陽明(陽明学)、洪秀全(太平天国の指導者)、

そして近現代では孫文(辛亥革命の父)や鄧小平(改革開放の旗手)、またリー・クワンユ(李光耀 シンガポールの元首相)、李登輝(台湾の元総統)など、錚々たる人物を輩出している。

——————————–

つまり、「明治維新」のきっかけとなった「水戸学」は、「客家(ユダヤ人)」が生み出した、となります。

明治維新は「李家」によるクーデターで、彼らも「ユダヤ人」でした。ユダヤ人が単にお仲間の作った言葉を利用して、日本乗っ取りを企てた訳です。

「水戸藩」は幕末、尊皇攘夷に反対して、「幕府の存続と開国」を訴えていた「井伊直弼」を桜田門外の変で斬殺しています。

これも結局は、「ユダヤ人(李家)の復権」の障害となっていた幕府の重鎮を消した、ということですね。

最後の江戸幕府の将軍は「水戸藩」出身の「徳川慶喜」でした。

彼は、戊辰戦争の際にわざと「旧幕府軍」が負けるように怪しげな行動をとっています。

——————————–こちらから転載

慶応四年(1868年)1月6日、3日から始まった鳥羽伏見の戦いでの幕府軍の負けを聞いた徳川慶喜が、密かに大坂城を抜け出し、江戸へ逃亡しました。

・・・・・・・・・・

慶応三年(1867年)10月、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜が行った大政奉還(10月14日参照>>)は、天皇の下に幕府主導の新組織を置いて・・・という、言わば幕府生き残り作戦でした。

この、最初の決戦を、その起こった場所から『鳥羽伏見の戦い』と呼びますが、この時、新政府軍の3倍ほどの兵力を持っていたにもかかわらず、幕府軍は敗走してしまうのです(1月5日参照>>)。

そして、幕府軍の敗戦を大坂城で聞いた将軍・慶喜は、慶応四年(1868年)1月6日の夜・・・わずかな側近だけを従えて大坂城を脱出し、幕府の軍艦・開陽丸で江戸に帰ってしまうのです。

つまり、大坂城内にも、そして、鳥羽伏見の各戦場にも、兵を残したまま、トップだけが逃げちゃった・・・という事になります。

——————————–

で、彼は維新後はちゃっかり「東京」に移り住み、明治天皇に拝謁しています。

——————————–

このときの心境を慶喜は自身の息子にこう語っています。

この敵前逃亡の時の心境については、あまり多くを語らなかった慶喜さん。

しかし、晩年、息子にポツリと・・・「あの時は、ああするしかなかった・・・あれが一番良かったんだ」・・・と語った事があったそうです。

——————————–

つまり、徳川慶喜は最初から「維新政府」とグルで、大室寅之祐が明治天皇となるためのクーデターに裏から協力していた、というオチでしょう。

——————————–こちらから転載

明治2年(1869年)9月、戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除され、引き続き、駿府改め静岡に居住した。生存中に将軍職を退いたのは11代・家斉以来であるが、過去に大御所として政治権力を握った元将軍たちとは違い、政治的野心は全く持たず、

潤沢な隠居手当を元手に写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など趣味に没頭する生活を送り、「ケイキ様」と呼ばれて静岡の人々から親しまれた。一方で、旧幕臣が訪問しても渋沢栄一など一部人以外はほとんど会わなかった。共に静岡に移り住んだ旧家臣たちの困窮にも無関心で「貴人情を知らず」と怨嗟の声も少なくなかった。

明治30年(1897年)11月に東京の巣鴨に移り住む。翌年には有栖川宮威仁親王の仲介により、皇居となった旧江戸城に参内して明治天皇に拝謁もしている。

明治34年(1901年)12月に小石川区小日向第六天町(現在の文京区春日2丁目)の高台の屋敷に転居し、ここが終焉の地となった。明治35年(1902年)には公爵に叙せられ、徳川宗家とは別に徳川慶喜家を興し、貴族院議員にも就いて、35年振りに政治に携わることになった。

明治43年(1910年)12月8日、七男・慶久に家督を譲って貴族院議員を辞し、隠居。再び趣味に没頭する生活をおくる。

大正2年(1913年)11月22日、(急性肺炎を併発した)感冒のため死去。享年77(満76歳25日)。大正天皇は侍従海江田幸吉子爵を派遣し、祭資金や幣帛と共に以下の勅語を伝達させた。

——————————–

徳川慶喜は「江戸幕府」に送られたスパイだったのではないのでしょうか。

「水戸藩」は最初から「吉田松陰」や「長州藩」と繋がっていました。慶喜は「水戸藩」から「一橋家」に養子に出されています。水戸藩の息がかかっていたとしても不思議ではありません。

明治天皇は「靖国神社」を立ち上げましたが、なぜかその宮司には「徳川家」の「徳川康久」が務めています。彼は「徳川慶喜」のひ孫でした。

靖国神社は「田布施一味」を祀っており、過去の名誉総代は「福田赳夫」でした。彼は「李承晩」とそっくりさんで、李家です。「李家(田布施一味)」の死霊を呼び集めるための社という意味を込めています。

そこになぜ 「靖国神社」に「徳川家」が一枚噛んでいるのか、謎でした。 しかし、明治維新自体が茶番だったとすればスッキリします。

——————————–こちらから転載

父: 徳川慶喜(江戸幕府第15代将軍)

孫: 徳川康久(やすひさ、1948年 – ) – 脩の長男。2013年から2018年まで靖国神社の宮司。

——————————–

水戸藩は明治時代のように「天皇」の権威を増大させるために、今でも活動しています。

日本会議の会長「田久保忠衛」は水戸藩士の家系でした。それをRAPTさんが取り上げてくださった後に、なぜか「水戸藩士」の部分が削除されています。

——————————–こちらから転載

しかも、この「日本会議」の会長が、田久保忠衛(2016年7月現在)という人物なのですが、彼も「水戸藩士」の家系に生まれたとのこと。

○田久保忠衛 – Wikipedia

「水戸藩士」ということは、つまり「徳川家」の家臣ということになりますが、この「徳川家」も「清和源氏」を自称していた戦国武将です。

——————————–こちらから転載

「略歴」のところにはっきりと「千葉県生まれ。家は水戸藩士の家系。曾祖父は天狗党の乱に参加して、流罪になっている」と書かれてあります。

しかし、以下が現在のウィキペディアの記事です。

○田久保忠衛 – Wikipedia

「略歴」のところには「千葉県生まれ」としか書かれていません。

どうやらこの「田久保忠衛」が「水戸藩士」の家系で、「徳川家」とつながりがあることは世間に余り知られたくなかったようです。

——————————–

日本会議は「明治憲法の復活」、つまり「李家(田布施一味)の復権」を目指しています。

ある意味、「明治維新」の再現をしようとしている訳です。

150年前に李家のクーデターに加担したのが「水戸藩」でした。現代もこうしてその末裔が「日本会議」の重鎮となって、李家・天皇家のためにせっせと働いているのですね。

イルミナティの連中は同じことの繰り返ししかできないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Copyright 2020 Giorno Di Gioia All Rights Reserved.