明治維新は李家(ユダヤ人)による日本乗っ取りクーデターだった。

明治維新は李家(ユダヤ人)による日本乗っ取りクーデターだった。

今回は、明治維新についてです。

皆さんは、明治維新についてどのようなイメージを持っていますでしょうか。

歴史の授業では、「日本人が幕府の支配体制に嫌気がさして、なんとなく時代が変わった」としか教えません。

あるいは、歴史マニアの人は、「坂本龍馬や新撰組ら幕末の英雄たちによる群像劇」だと考えるかもしれません。

「司馬遼太郎」がまるで明治維新の主人公が「坂本龍馬」であるかのように洗脳してきましたから。

しかしながら、この「明治維新」とは「李家、朝鮮人による日本乗っ取りのクーデター」に他なりません。

「明治天皇」も「日本最初の総理大臣」の「伊藤博文」も、朝鮮人で「李家」だからです。

今日の主人公はこの二人です。彼らを中心にして「明治維新」を見れば、全てがすっきりとわかります。

明治維新と聞くと、つい坂本龍馬が中心となったと想像してしまいがちです。

しかし、本当に明治維新の中心となったのは「天皇家」と「長州藩」、そして「薩摩藩」です。

「薩長土肥」が江戸幕府を倒して、明治政府を樹立しました。その結果、幕府の力は衰えて、「天皇」の権力がこの時に復活しました。

実は、ここに落とし穴があります。明治維新について議論する際に、「明治天皇」の人となりが全く取り上げられません。実に不自然です。

ある意味、明治天皇は「明治維新」の核となった「超」重要人物です。「天皇制」が復活して、天皇の権力が強くなったとなれば、「明治天皇」が実質的に日本のトップに着いた、ともいえるからです。

ところが、なぜか「明治天皇」について、日本人は知らなさすぎます。

「昭和天皇」や「平成天皇」は、その人となりがテレビや新聞で報道されているのに加えて、「昭和天皇」に至っては「昭和天皇物語」なる漫画まで存在しています。「昭和天皇実録」という記録書もありますね。

ところが、「明治天皇」については、メディアが大々的に取り上げません。学校の授業も歴史学者も、彼について教えません。

なぜか。簡単なことです。「明治天皇」について深く掘り下げられると「まずい」からです。

では、どう「マズい」のでしょうか。もし「明治天皇」が在日朝鮮人で、かつ「ユダヤ人」だったとしたら、どうでしょう。

明治維新も明治政府も大日本帝国憲法も、それら全てが「ユダヤ人」による日本支配のための出来レース、茶番だったとしたら…

これが知れ渡ったら、日本はひっくり返ります。なぜなら、この国は「日本人の国」ではなかった、となりますから。

では、なぜ明治天皇が「ユダヤ人」だったと言えるのか、見てみましょう。

「明治天皇すり替え説」についてご存知でしょうか。

当時の孝明天皇の実子、「睦仁親王」と田布施出身の朝鮮人、「大室寅之祐」が維新の際に入れ替わった、とする話です。

実際に、明らかに「明治天皇」が維新前と維新後で「全く違う人物」になりかわっています。

明治天皇の体格は、即位前は小柄だったのは、即位後は「大男」になったそうです。また、自分の妻をなぜか「皇太后」と呼んだとか。天皇の妻なら、普通は「皇后」と呼ぶはずです。

———————————-こちらから転載

幾ら高貴な身の上とはいえ、不自然です。

更に即位前は虚弱で小柄な明治天皇が、即位後は体重24貫を誇り、相撲を好んでとったと言われており、その変貌ぶりは異常です。

むしろ、庶民的な生活をしていた人物と考えられます。

明治天皇は自らの妻を ”皇太后”と呼んでいます。

”皇太后”とは父である孝明天皇の妻を指す呼称です。

何故、明治天皇は自分の妻を”皇太后”と呼んだのでしょう。

本物の明治天皇の妻であった一条美子に遠慮があった可能性があります。

———————————-

また、明治天皇は「自分の身長や体重」を図られるのを嫌がっていたそうです。

———————————-こちらから転載

その間、藤波言忠は、なきがらに寄り添い、お上の身長を測っていた。 先帝は、身長や体重を測られることを嫌い、洋服の寸法すら取らせなかったのである。

———————————-こちらから転載

初めて洋服を着るときに、横浜から外国人の裁縫師を呼んで寸法を取らせましたが、以来一度も寸法を取らせませんでした。

天皇が太り気味になってからは、以前の採寸も役にはたたなかったことでしょう。

仕立て屋は大体の寸法でつくり、天皇はちょっとここが窮屈だとか、

緩いとか、そういうことを指示しただけです。

———————————-

また、「明治天皇の生母」にあたる「中山慶子」のお墓参りに、なぜか「明治天皇」本人が訪れていないそうです。

———————————-こちらから転載

③ 明治天皇生母・中山慶子の墓が文京区にあるようだが、実子のはずの明治帝もその子孫も今までお詣りにいったことがない

———————————-

しかも、明治天皇は「大の写真嫌い」だったとか。これも「睦仁親王」には「天然痘」の「あばた」がなかった一方で、「大室寅之祐」はあばた面だったので、それを隠すためだったと考えられています。

東京へわざわざ遷都したのも、結局は「すり替え」がバレるのを恐れた、というのが本音ですね。

———————————-

⑤ 明治期に官僚・政治家を歴任した田中光顕(土佐藩出身)が昭和4年(1929)、いろいろヤバイことを証言している(らしい)

それによると、「睦仁親王は幼少のころ種痘を受けたので、疱瘡(天然痘)にかからず、顔に痘痕(あばた)はなかった。

ところが、明治天皇になった大室寅之祐は、家がビンボーだったので、幼いころ天然痘にかかり、口のまわりに痘痕が残ってしまった。

だから、明治帝は写真を撮られるのがきらいで、キヨッソーネに描かせた肖像画を写真に撮らせて御真影とし、痘痕を隠すためヒゲもはやした」そうですが……。

———————————-

明治天皇の「利き手」も、「右利き」から「左利き」に変わっています。おまけに「書道」もいきなり上手になったとか。

———————————-こちらから転載

御所の女官達の中での温室育ちであった睦仁親王は、充分に教育され帝王学を学んでいた訳であり、当然躾(しつけ)も厳しかった。故に、左利きになる訳が無く、ひ弱で喩(たと)えは悪いが女癖も悪くは無く(育ちが良かったので)、右利きであった。

明治天皇(大室寅之祐)は、左利きだった。左利きになったのは、寅之祐がかぞえ5歳の時、母親が離婚した為で(『大室寅之祐(明治天皇)の出自と近代皇室について』を参照の事)、母親が息子寅之祐にかまってあげられる余裕が無かった結果として、左利きとなった。

———————————-

この通り、明治天皇は「明治維新」の前後で完全に別人に入れ替わっています。

では、「明治天皇」に即位した「大室寅之祐」とは、一体何者なのでしょうか。

彼は「長州藩の田布施村」から出てきた朝鮮人でした。

しかも、ただの朝鮮人ではありません。さかのぼると「ユダヤ人」に行き着くのです。

大室寅之祐は「地家作蔵」の息子です。

で、「地家作蔵」は元々「岸(ガン)要蔵」の「岸家」に生まれました。岸作蔵は「地家」家に養子に入って、「谷口スヘ」と結婚して、「寅之祐」を生みました。彼こそが、後の「大室寅之祐」、明治天皇その人です。

———————————-こちらから転載

苗字は周伊麻の子岸(ガン)の海賊に近い廻船業の岸(李)半左衛門要蔵(遼陽から麻郷の戎ヶ下にきた在日1世)(1853年1月17日死去)〔岸要蔵の次男が地家(岸)作蔵その子が大室寅之祐の明治天皇。その子が昭和天皇。

一方岸要蔵の3男が岸信祐その子が佐藤(岸)秀助。その子が岸信介。佐藤栄作。だから岸佐藤首相と昭和天皇ははとこの関係にある。〕の息子岸作蔵が地家吉左衛門(1840年3月12日没)の養子となり「地家」姓を賜る。

(のち吉左衛門の子地家庄兵衛の養子になる)地家作蔵となのり田布施町麻郷地家に住み着いた。

1842年頃、仏光寺昭顥(ショウコウ)坊(照景?)と娘スヘが田布施町麻郷地家の西円寺に京都浄土真宗仏光派、仏光寺からやってきた。

(仏光寺昭顥坊は仏光派門主一族)やがて地家作蔵(1823年2月16日~1887年4月24日)と仏光寺基子(SUEKO)=スヘ(1831年5月1日~1855年11月20日)が1844年結婚する。

その後、旧暦1854年8月22日作蔵とスヘが離婚。長男寅吉、次男庄吉をスヘが引き取り、多分西円寺の実家?へ戻る。 大谷谷口(やぐち)(仏光寺)昭顥坊(照景?)の家か??

1850年1月10日(戸籍では庄吉の誕生日になっている)に戸籍名寅吉(普段使う通名は虎吉。後の大室寅之祐の明治天皇)をスヘの実家の西円寺にて出産。

この頃(1849年頃)作蔵が西円寺の東隣の麻郷「地家」に家を建てる。だから戸籍を作る時、「地家」の地名を苗字にした。(「地家」とはそもそも村の中心地と言う意味)

1852年12月8日(戸籍では寅助の誕生日になっている)戸籍名庄吉(通名は省吉)出産。1854年2月29日に戸籍名三男朝平(通名は浅平、浅蔵とも)出産。(俺の高祖父)

1855年9月8日(寅吉がかぞえ6歳の時)大室弥兵衛とスヘ再婚。スヘは大室弥兵衛の2号となる。(弥兵衛の本妻は前に書いたとおり大室文右衛門の娘ハナ)地家寅吉は大室寅吉(後の大室寅之祐明治天皇)に。地家庄吉は大室庄吉となる。

———————————-

「大室寅之祐」は「1850年」に生まれていますが、弟の「庄吉」と戸籍がすり替わって、記録上は「1852年」生誕となっています。

———————————-こちらから転載

1850年1月10日(戸籍では庄吉の誕生日になっている)に戸籍名寅吉(普段使う通名は虎吉。後の大室寅之祐の明治天皇)をスヘの実家の西円寺にて出産。

1852年12月8日(戸籍では寅助の誕生日になっている)戸籍名庄吉(通名は省吉)出産。

———————————-

「明治天皇」も、「1852年11月3日」生まれでした。おそらく、この日付はすり替えられる前の「睦仁親王」の誕生日でしょう。

———————————-こちらから転載

明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日〈嘉永5年9月22日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日[1])は、日本の第122代天皇(在位:1867年2月13日〈慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。

諱は睦仁(むつひと)、称号は祐宮(さちのみや)。お印は永(えい)。

———————————-

実際は「二歳差」ではあるものの、戸籍上は「大室寅之祐」と「睦仁親王」は「同い年」になります。

大室寅之祐は、「天皇家」の三条実美、「岩倉具視」などの公卿と田布施村で事前に顔合わせをしています。「八月十八日の政変」で、長州藩は幕府側に敗れていったん京を追われることになりました。

このとき、長州藩側についていた公家たちは「田布施の大室家」を訪れて、当時12歳だった「大室寅之祐」を可愛がったとか。

———————————-こちらから転載

七卿落ち(八月十八日の政変)でやむなく都を追われた公家・三条(実美・さねとみ)卿ら七卿は、久坂玄瑞(くさかげんずい)の案内で長州に下向したのだが、真っ直ぐ萩(はぎ/長州藩藩都)には向わなかった。

向かったのは、長州藩二ヶ国の内、周防国・熊毛郡田布施の高松八幡宮だった。

七卿筆頭の三条実美(さんじょうさねとみ)ら七卿は、逃れた長州の地・田布施で松陰派(吉田松陰門下生)に「ある人物」と引き合わされて、そのまま滞在している。

伝えられる所に拠ると、落ち延びた一行を田布施で待ち受けてその「ある人物」を七卿に引き合わせたそれが、吉田松陰(よしだしょういん)門下の伊藤博文(いとうひろぶみ)と井上聞多(いのうえたもん・井上馨/いのうえかおる)だった。

山口県(周防)南東部瀬戸内海沿いに田布施町はある。

田布施町は現在でも人口17000人ほどの小さな町だが、実は此処から日本の近代化は密かに始まった。

つまりこの田布施町の高松八幡宮が、七卿が逗留し松陰派の長州若手指導者達と皇政復古の産声を上げた所である。

そしてこの高松八幡宮の僅か北東に浄土宗の西円寺と言う寺があり、その傍(かたわ)らに南朝・後醍醐天皇の末裔を名乗るこの大室家はあった。

七卿が逗留した高松八幡宮と、良光(ながみつ)親王の末裔を名乗る「大室・某」の住まいが至近距離にあった事実に、偶然はありえない。

慶応3年(1867)の王政復古の大号令が最初に発せられたのは、大室家の近くの高松八幡宮でした。そのとき、三条実美も同席していました。

———————————-こちらから転載

また七卿落ちのとき、京都を追放された一行は来島又兵衛らに連れられてひとまず田布施の大室家へ落ち着いたらしい。そこで12歳の寅之祐を見て一同喜び、かわいがって9月いっぱい滞在したといいます。

———————————-

大室寅之祐は「変名」を使い、巧みにすり替え工作を成功させました。

大室弥兵衛の弟、「大室惣兵衛」には「大室虎助」という名前のよく似た人物がいました。彼が京都で「新撰組」に惨殺されたのを利用して、「大室寅之祐は死んでいる」ことにしたそうです。

(大室虎助とは大室弥兵衛の弟?大室惣兵衛が萩に在住していてその息子のこと。

新撰組が長州の不良力士達を殺害する事件があったのは慶応3年10月29日。沖田総司が殺害した力士の中に大室虎助(16)の名前があった。

下鴨神社蔵の「神楽勧請録」の慶応3年の記録には、「大室虎助(16)(中略)等、同年10月29日、新撰組ガ為二被害」とあり、新撰組側の記録にも「(慶応3年11月)先日、長州の不逞力士5人を誅す、残党なお洛中に潜する無し」(『慶応洛中日記』・『会藩新兵余話』・『新撰組遺事』等)とある。

その後、大室寅吉(寅之祐)は新撰組に斬り殺された、と言う事になってるそうだ。(本当は虎助が殺されただけ。田中光顕が三浦天皇に語った萩生まれの玉とは満良親王系の大室虎助のこと。庄吉も寅吉も繰り返しになるが田布施町麻郷生まれだから。なお寅吉は1866年1月時点で奇兵隊の力士隊を卒業していたと言う。)

他にも、「大室寅助」とも名乗って、「大室弥兵衛とスヘの間に生まれて、一歳数か月で死んだ子供」になりすましていたとか。

大室寅助とは行方知れずになった1866年10月末頃から1867年10月頃までの大室寅之祐(寅吉)の変名のことで、スヘ(基子)と大室弥兵衛の間の1歳数カ月で死んだ大室家4代目の血統の寅助になりすましたわけ。)

しかも、「明治天皇」の称号は「祐宮」です。「大室寅之祐」の「祐」と一致しています。

———————————-こちらから転載

明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日〈嘉永5年9月22日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)は、日本の第122代天皇(在位:1867年2月13日〈慶応3年1月9日〉- 1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日)。諱は睦仁(むつひと)、称号は祐宮(さちのみや)。

———————————-

田布施出身の朝鮮人、「大室寅之祐」はまんまと天皇の座に就いたわけです。

天皇制復活を宣言した「王政復古の大号令」も、田布施村にあった「高松八幡宮」で作成されています。

ご丁寧なことに、「大室寅之祐」の戸籍は抹消されているそうです。その上、「大室家」に警官が来て、書物を持ち去ったとの情報もあります。

よっぽど「大室寅之祐」について、探られるのがマズかったのでしょう。

———————————-こちらから転載

明治天皇になられた寅之祐さんは戸籍は抹消されてしまったようです。全ては口伝です。私は知り合いの親戚情報ですが、大室家に警官が来て、多くの書物を持ち去ったと聞いています。証拠隠滅?

———————————-

で、「中国にやってきたユダヤ人」の中には、「李」と名乗った一派もいました。

つまり、「ユダヤ人」の「李家」が「李氏朝鮮」を建国し、その末裔が「田布施町」にやってきました。

で、彼らが「明治維新」を起こして、日本を乗っ取りを企てたという図式です。

「田布施」も、もともとは「ヘブライ語」だったそうです。

———————————-こちらから転載

この話題の田布施は鹿児島県や佐賀県にもあり、”タブセ”はヘブライ語と言われています。

———————————-

さらに「明治天皇」は「李家(ユダヤ人)」の作った「道教」の信者でした。

「道教」の創始者は「老子」ですが、本名を「李耳」と言います。李家ですね。

で、元号の「明治」とは中国の「易経」に由来します。この「易経」は「伏羲」が考え出したとされている占いの書物でした。

「聖人が北極星のように顔を南に向ける」のが天下泰平の秘訣だそうです。

この「北極星」も、道教の妙見信仰では重視されていました。

———————————-こちらから転載

「聖人が北極星のように顔を南に向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に向かって治まる」という意味である。

———————————-

「靖国神社」も「道教」の「招魂祭」を行うために作られた神社でした。

———————————-こちらから転載

招魂祭(しょうこんのまつり)は日本の陰陽道・中国の道教で行われる祭祀・呪術のひとつ。宮中でも行われた。

近代に新しく招魂社・靖国神社などで死者に対して始められた「招魂祭」(しょうこんさい)については靖国神社参照。

———————————-こちらから転載

日本のおける死者に対する招魂は、東京招魂社によって公に始まった。それは、道教の呪詛としての儀式で、怨念をもつ霊魂を閉じ込める場として建立されている。

孝明天皇と睦仁親王を殺害して明治天皇にすりかわった大室寅之祐と、それに関わった三条実美、伊藤博文 西郷隆盛らは、李王家の家臣を祖とする両班派閥で、謀略で殺した孝明天皇と睦仁親王の招魂が必要だと考えました。彼らは、大村益次郎に命じて東京招魂社を建立します。

———————————-

さて、明治天皇と非常に親しくしていたのが「伊藤博文」でした。

この人の経歴も釈然としません。

私の印象では、「突然ポーンと明治政府に入閣して、総理大臣になった」人です。

彼の「維新政府に入る前の行動」について、やたらと伏せられているのはどうしてでしょうか。

もちろん、彼が「田布施システム」の核心だからです。

伊藤は「大室寅之祐」の相棒で、「田布施システム」を確立した超重要人物です。

そもそも、伊藤博文の出身地は「熊毛郡」でした。「田布施町」は「熊毛郡」にあります。

彼の生家は「大室家」のすぐ近くだったそうです。驚くべきことに、「大室寅之祐」の養育係を務めていたとか。

———————————-こちらから転載

大室寅之祐=明治天皇

熊毛郡、田布施町麻郷、南朝の末裔というより北朝鮮被差別部落の出で、後の明治天皇。

橋本龍太郎氏の祖母大室ヨネ(米)の父、大室庄吉の兄は大室寅之祐(東京明治天皇)

伊藤博文 (林家)

熊毛郡東束荷村 (光市束荷字野尻) 生まれ

6歳まで過ごした家は田布施町に残り、大室家とは隣接地にある。(吉田松陰の命を受けた桂小五郎(木戸孝允)と伊藤博文が大室某を養育していた)

———————————-こちらから転載

大室寅之祐の弟、庄吉の孫、大室近祐は祖父庄吉から聞いた話として、「わしがかぞえ12,3歳のころ、伊藤俊輔は毎日のように家に来て兄(寅之祐)を連れだし、石城山に登っていた」 という。

石城山の練兵場では常時四〇〇人近い兵が銃陣訓練を重ねており、時には近くの皇座山で鹿狩りなども行われていたから、寅之祐の士気を鼓舞して乗馬や剣術を教えたり、同年輩の隊員と角力をとって鍛えるにも最適の道場であった。

———————————-

伊藤博文は、維新前は「奇兵隊」に所属していました。彼は「相撲取り」のグループを仕切っていたそうです。

———————————-こちらから転載

力士隊(りきしたい)とは、伊藤博文が率いた奇兵隊の一支隊である。

元治元年12月(1865年1月)、高杉晋作が功山寺で挙兵した回天義挙に参加した相撲取りのグループであり、慶応元年3月(1865年3月)、藩兵として正式に結成されて記録に残っている盤石隊(報国隊付属・長府藩内の主に長府、安岡浦の力士、小倉戦争、北越戦争にも参加)に相当すると推定される。

———————————-

大室寅之祐も「力士隊」隊員だったとか。

———————————-こちらから転載

長州麻郷の大室家、南朝の天皇家は伊藤博文の生家からも第二奇兵隊の屯所からも近距離であった。当時16歳の大室寅之祐は睦仁親王と同年齢だった。しばしば伊藤の指導で第二奇兵隊の力士隊の軍事教練に加わっていた。力士隊のメンバーと相撲をとっていた、

———————————-

やたらと天皇家が「相撲」を重視するのは、「田布施」に由来するのではないかと考えてしまいますね。

伊藤博文は「孝明天皇」を暗殺した実行犯だとされています。

———————————-こちらから転載

宮崎氏によると、平左衛門は、徳川慶喜の命を受けて孝明天皇暗殺の犯人を調べていたが、それが岩倉具視と伊藤博文であったことをつきとめた。しかし、そのために伊藤博文から命を狙われる羽目になり、実際、長州人の刺客に稲佐橋の付近で襲われて重傷を負った。

その平左衛門の遺言として、宮崎氏は鹿島に次のように語った。

「父が語ったところでは、伊藤博文が堀河邸の中二階の厠に忍び込み、手洗いに立った孝明天皇を床下から刀で刺したそうです。そして、そのあと邸前の小川の水で血刀と血みどろの腕をていねいに洗って去ったということでした」

さらに、宮崎氏の話では、伊藤博文が忍び込むに際しては、あらかじめ岩倉具視が厠の番人を買収しておいたという。だとすれば、岩倉具視が伊藤博文を手引きしたことになる。

たしかに、暗殺がプロの伊藤博文といえども、天皇の厠に忍び込むのは危険このうえなかっただろうから、だれかの手引きがあったにちがいない。そうした手引きができるのは、孝明天皇に近い人物にちがいなく、その意味で、岩倉具視が手引きしたという話は説得力がある。

———————————-

伊藤は韓国統監に就任した後、「安重根」に銃殺されました。その裁判で、「孝明天皇を暗殺したのは伊藤博文だ」と暴露しています。

———————————-こちらから転載

明治42年(1909年)10月26日に伊藤博文がハルピンで安重根に暗殺されました。安重根は、逮捕され裁判が行われたのですが、その時、彼は伊藤博文暗殺の理由を複数列挙します。そして、「孝明天皇を暗殺した」と言いかけたところで、傍聴人の退廷が命じられました。

安重根は、アーネスト・サトウが本を書く前に孝明天皇暗殺の噂を知っていたことになります。しかも、その実行犯が伊藤博文だと。

———————————-

驚くべきことに、「華族制度」も「孝明天皇暗殺」の口封じの策だったそうです。「上級国民」の特権を与えて、「すり替え」の情報が世に出回らないように根回しした訳です。

———————————-こちらから転載

伊藤が明治政府の重鎮になってから、孝明天皇暗殺の口封じのため大判振る舞いの華族制度というものを確立しました。

そして大日本帝国憲法とか皇室典範、衆議院議員選挙法などを公布しました。

———————————-

しかも、「皇室財産」を法律で決めたのも「伊藤博文」でした。「天皇家」の財産を法律で守るように取り計らったのも、彼なのです。

そして決定的な証拠が、「明治天皇」と「伊藤博文」の墓は、「朝鮮王族」の墓所と形が同じである点です。

こちらこちらから転載

李氏朝鮮第四代皇帝・世宗の墓
明治天皇の墓
伊藤博文の墓

完全に「明治天皇」も「伊藤博文」も「李家」で、朝鮮からやってきた「ユダヤ人」だった訳ですね。

伊藤博文は「大日本帝国憲法」を作りました。

つまり、「ユダヤ人」の天皇家による支配を固めるために、明治天皇と同じく「田布施」の「伊藤博文」がその権力を帝国憲法で一気に引き上げた、ということです。これを茶番と言わずして、どういえばいいのでしょうか。

「大日本帝国憲法」では「天皇が神」となっています。条文を読めば一目瞭然です。この憲法では天皇は「陸海軍の総司令官」で、「法律を作って、裁判を行える」存在とされました。

この「田布施システム」は、明治から現代に至るまで脈々と受け継がれてきました。なぜなら、総理と副総理が皆「田布施一味」だからです。

こちらの系図をご覧いただければ一目瞭然です。

安倍晋三は「大室寅之祐の叔父」の「孫の孫」、麻生太郎は「大室弥兵衛」の「孫の孫」です。完全に血がつながっています。

「田布施システム」によって、日本の政治は牛耳られており、今でも田布施一味が堂々と庶民の前で「選挙で当選したかのように装って」政治家面をしているのです。

5件の返信

  1. 立花 より:

    昭和天皇は明治天皇jと貞明皇后との間の子ですよ。
    秋篠宮は平成天皇と美智子との間の子ですよ。

  2. […] 明治維新は李家(ユダヤ人)による日本乗っ取りクーデターだった。 […]

  3. […] また、明治維新については、「GIORNO DI GIOIA」さんの記事もとてもわかりやすくまとめられているので、どうぞご覧ください。明治維新は李家(ユダヤ人)による日本乗っ取りクーデターだった。 […]

田布施町の怪~今も昔も臭い物には蓋をする~ – Charge へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Copyright 2020 Giorno Di Gioia All Rights Reserved.