天皇制の生みの親は「李家」だった。(日ユ同祖論から見えてくる「天皇家」と「ユダヤ人」の繋がり。)

天皇制の生みの親は「李家」だった。(日ユ同祖論から見えてくる「天皇家」と「ユダヤ人」の繋がり。)

皆さんは、日ユ同祖論をご存知でしょうか。

RAPT BLOGでは、日ユ同祖論について何度か取り上げられました。

「日ユ同祖論」は疑うまでもない事実です。だからといって、日本人が偉いとも悪いとも言えません。

今回は、それらの内容をもとに、天皇家一族が紛れもない「ユダヤ人」だったことについて、詳しくお話しします。

「日ユ同祖論」では、「イスラエルを脱出したユダヤ人たちの一部が、日本に到達しており、日本人にもユダヤの血が流れている。」とされています。

もともと、イスラエル一つの国家として、ダビデ王やソロモン王の時代に最盛期を迎えていました。

ところが、ユダヤ人たちはバビロニアやアッシリアに国を滅ぼされて、放浪の民になってしまいました。

彼らが世界中に散らばって、その中の一部が日本にもやってきていた、という訳です。

日本とユダヤの繋がりについては、神道とユダヤ教、そして日本語とヘブライ語から見ることができます。

伊勢神宮の別宮、「伊雑宮」には「ダビデの星」があります。

この「伊雑宮」は「イザワ」と読みます。これは旧約聖書に出てくる「預言者」の「イザヤ」を指すのではないか、とも言われています。

———————————こちらから転載

伊勢志摩には、伊勢神宮はもちろんのことですが、他にも伊雑宮(いざわのみや)という神社があって、ユダヤとの繫がりが深そうでした。

その昔、伊雑宮の鳥居の前にある石灯籠(とうろう)には、ユダヤのマークである六芒星(ろくぼうせい)が彫られていたそうです。

「イザワ」とは「イザヤ」を意味するのではないか? つまり「イザワの宮」とは、「イザヤ」の「宮」である可能性があるというのです。

———————————

他にも、「神道」とユダヤ教にはいくつもの共通点がありました。

神社の祭りで担がれる「神輿」は、ユダヤ教の「聖櫃」とよく似ています。

こちらから転載

また、神社の造りが「モーセの幕屋」と酷似していました。

こちらから転載

ユダヤ教では「礼拝の前に手を洗う」ことになっていますが、神道も同じように水で手を清めることになっていますね。

———————————こちらから転載

神社の手水舎は、口をすすぎ、手を洗って、口と手を清めるための場所です。口と手の禊ぎをするための場所です。今日ユダヤ人の会堂にも、入り口近くには口と手を清める場所があるそうです。

古代イスラエルの神殿にも、入り口から少し入ったところに、「洗盤」というものがあって、清らかな水をたたえていました。人々は神様の御前に出る前に、そこで手や足を洗って、お清めをしたのです。

———————————

日本の正月の過ごし方も、ユダヤ人の習慣と非常に似通っていました。

正月には、「おもち」を一週間食べることになっています。ユダヤ教も新年を迎える際には「種を入れないパン」を「一週間」食べることになっています。

この「種を入れないパン」が「モチ」そのものです。

「七草がゆ」も旧約聖書で定められている「苦菜」のことではないか、とされています。

———————————

日本では、元日から一週間ほど「餅」を食べるのが、ならわしです。しかしこの風習は、じつは古代イスラエルの風習なのです。

古代イスラエルでは、一月一五日から七日間は「種を入れないパン」を食べなければならない、と決められていました。

「第一月の一五日は、主の、種を入れないパンの祭である。七日間、あなたがたは種を入れないパンを食べなければならない」(レビ二三・六)

と旧約聖書に記されています。「種を入れないパン」は、ヘブル語で「マツァ」といいますと。これは単数形で、複数形はマツォトです。ユダヤ人はまた、マツァを「ハ・モチ」も呼んでいます。

「ハ」は、英語でいえば定冠詞のtheにあたります。ですから、ハをとれば、「モチ」になるでしょう。それは「モチ」(餅)なのです。

「餅」という漢字は、のちに中国から漢字が輸入されてから当てはめられた当て字なのです。それ以前には日本には漢字はありませんでした。モチという音だけがあったのです。

日本の正月にはまた、「七草粥」を食べるでしょう。七種類の草を入れたおかゆです。七草粥は、平安時代以前は、一月一五日に食べるのがならわしでした。

古代イスラエル人も、一月一五日には、幾種類かの「苦菜(にがな)」をそえて食べました。

———————————

このように、神道とユダヤ教には共通する点が多いのは事実です。

しかしながら、神道は紛れもない悪魔教です。

大嘗祭は淫乱な儀式ですし、神道ではユダヤ教で禁じられている「偶像崇拝」を堂々とやっていますから。

天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

では、そのように「神道」を悪用して、天皇制を日本に広めてきた犯人は、誰なのか。

「李家」です。正確に言うと、李家の生み出したカルト宗教「道教」が、天皇制の生みの親なのです。

道教の創始者は「老子」ですが、本名は「李耳」です。李家でユダヤ人です。道教は「李家」が生み出した訳です。

「天皇」という称号は「道教」の「天皇大帝」から取られています。

——————————–こちらから転載

これによると老子は、姓は「李」、名は「耳」、字は「聃」(または「伯陽」)。楚の苦県(現在の河南省周口市鹿邑県)、厲郷の曲仁里という場所の出身で、周の守藏室之史(書庫の記録官)を勤めていた。

——————————–

で、日本で「天皇制」を始めたのは「天武天皇」でした。彼は天皇の称号を始めて使用したそうです。で、天武天皇は「道教」の熱心な信者でした。

「李家」の考え出した「道教」をもとに、その信者の「天武天皇」が「天皇制」を日本で正式に始めた、と言える訳です。

——————————–こちらから転載

古代中国では地上からは天空のある一点を中心として星々が巡っているように見えることを知っており、そこを北辰と呼び(天の北極に該当する)、宇宙の中心と考えられていた。そして神格化され、道教や日本で使われる称号の天皇にも取り入れられたとする説がある。

中国の唐の高宗は 「天皇」 と称し、死後は皇后の則天武后によって 「天皇大帝」 の諡(おくりな)が付けられた。これは日本の天武天皇による 「天皇」 の号の使用開始とほぼ同時期であるが、どちらが先であるかは研究者間でも結論が出ていない。

道教では 「北極紫微大帝(北極大帝・紫微大帝)」 とも成り、また北斗七星が神格化された 「北斗真君(北斗星君)」 と習合した。「北極紫微大帝」 と 「北斗真君」 とは本来は別の神であったが、現在でも分ける場合と同一視する場合とがある。

——————————–こちらから転載

天皇の宗教観には道教の要素が色濃く出ている。「天皇は神にしませば」と詠まれるときの神は、神仙思想の神、つまり仙人の上位にいる存在であったとの説がある。八色の姓の最上位は真人であり、天皇自身の和風諡号は天渟中原瀛真人という。

瀛州は東海に浮かぶ神山の一つ、真人は仙人の上位階級で、天皇も道教の最高神である。天皇が得意だった天文遁甲は、道教的な技能である。葬られた八角墳は、東西南北に北東・北西・南東・南西を加えた八紘を指すもので、これも道教的な方角観である。

——————————–

「八紘」とは道教から来ているとなれば、三原じゅん子が「八紘一宇」の真意もわかります。

八紘一宇は「天皇が世界を支配する」ことを示す言葉でしたが、さらにさかのぼると「道教」つまり「李家」に行き着くわけです。

「李家」の老子が道教を作り、それを天皇家が利用して、神道と「天皇制」をセットにして、悪魔崇拝を日本に広めて来た訳です。

実に単純なカラクリです。

天皇家と切っても切れない関係にあるのが、「秦氏」でした。この秦氏が「天皇制」を広めるために、暗躍しています。

秦氏は「道教」の医術に詳しかったそうです。宇佐八幡宮は「秦氏」が建てた神社ですが、神主たちは「中国・朝鮮から来た渡来人」だったとか。

——————————–こちらから転載

宇佐神の祭祀集団は中国・朝鮮とのつながりも持っていたらしく, 道教系(注:景教系と言うべきか)の医術をよくし,しばしば天皇の治療にも当たったという。

——————————–

「道教」では「八紘」、つまり「八」が重視されています。ですから、この「八幡」の「八」も道教が由来かもしれません。

で、先日「KAWATAとNANAのRAPT理論」の動画でも取り上げられましたが、「秦氏」は「秦の始皇帝」の末裔で、ユダヤ人です。

「秦氏」の「秦」はヘブライ語の「イスラエル十二氏族」の「ユダ族」を示すと言われています。

——————————–こちらから転載

4 ハタは、ヘブライ語で「かき集めた者」を意味する。つまり、秦氏とは、大陸のヘブライ人をかき集めた人々の総称。と言う説

5 秦(ハダ)氏がイスラエル民族のユダ族である決定的な理由は「秦」の読みハダにある。「ユダ族」を意味する「(ヤ)ハダ」という発音を当てた。と言う説

——————————–

また、始皇帝の父親は「呂不韋」で、彼が「レビ族」でユダヤ人でした。

「レビ族」も「イスラエル十二氏族」の内の一派です。

———————————こちらから転載

歴史研究家の鹿島昇氏は呂不韋という名前の音が「レヴィ」とも解釈できることから、彼は祭祀レビ族のイスラエル人だったのではないかと指摘する。

また「ロフイ」と日本語的に発音すれば、ヘブライ語で癒し手を意味する「ロフイ」の意味にもなる。

さらに、重要なのは呂不韋は漢民族ではなかったという事実である。彼は羌族だった。羌族は失われたイスラエル10支族である。

もし、秦始皇帝の父が呂不韋ならば、彼もまた羌族(註:羌はチャン族と同じです。)の血を引く者であり、失われたイスラエル10支族の末裔だったことになる。

———————————

ここにある通り、呂不韋は元から中国にいた「漢民族」ではなく、「羌族」だったそうです。で、この民族も「ユダヤ人」と似た風習を持っていました。

自分たちを「アブラハムの子」と称していました。「アブラハム」はイスラエル十二氏族の始まりとなった人物です。

———————————こちらから転載

■こんなに似ている! チャン族とユダヤ人の風習

では、彼らを「失われた10支族」の末裔と考える理由はどこにあるのだろうか? 以下に、アミシャーブ代表のラビ・エリヤフ・アビハイル氏の著書『失われたイスラエル10支族』(学習研究社)で語られている内容を紹介する。

・ 神の名前

まず、チャン族は自らを「アブラハムの子」と称しており、彼らの父祖には12人の息子がいたという。これは、ちょうど旧約聖書でユダヤ人の父祖とされるアブラハムに12人の息子がいて、後に全12支族につながるという記述と一致する。

———————————

また、旧約聖書「創世記」に収められている「ソドムとゴモラ」や「ノアの箱舟」とよく似た内容の叙事詩が言い伝えられているとか。

———————————

・ 叙事詩の記述

チャン族には、『ムジショ』と『ピグニョ』という2つの叙事詩が受け継がれているが、これらによると、彼らの祖先は西北の草原地帯から移り住んできたという。

さらに興味深い記述は、たとえば羌人(チャン族の祖先)が天女ムジショと結婚するために天界へ行き、天帝から結婚の許しを得るが、「天界を去る時には決して後ろを振り向いてはならない」という忠告をムジショが破ったため、家畜のほとんどが逃げて野獣になってしまった――。

これは、ちょうど旧約聖書の『創世記』で、ソドムとゴモラが滅ぼされる際に神の使徒がやって来て、ロトの家族に「決して振り返るな」と言ったにもかかわらず彼の妻が背いたため、塩の柱になってしまった話と酷似している。

また、チャン族の叙事詩には「天神の怒りを買って洪水が起こった」という話もあるが、これも同様に旧約聖書の洪水話と似ている。

———————————

他にも、旧約聖書の律法では「山羊を捧げる儀式」が定められていました。チャン族も「山羊を身代わりにする呪法」を行っています。

———————————

・ 神への捧げ物

チャン族には「シピ」と呼ばれる宗教的職能者がおり、時には村全体のために、そして時には病人のために経文を読み、ヤギを身代わりに犠牲にする呪法も行うのだが、これはユダヤ人の風習「アザゼルの山羊」を想起させる。

贖罪の捧げ物として2匹の雄山羊を用意し、1匹を屠って神に捧げ、もう1匹を砂漠に放すというものだが、これが「スケープゴート」という言葉の由来にもなっている。

———————————

またチャン族の結婚制度は、「夫が死ぬと、未亡人は夫の兄弟と結婚する」と定められています。これも律法で定められていた「レビラート婚」と同じだったそうです。

———————————

・ 結婚制度

チャン族では、夫が死ぬと未亡人は夫の兄弟と結婚する。これは、ユダヤの「レビラート婚」と同じ制度であり、かつては日本の一部にもその風習があった。

———————————

で、「秦氏」の始まりである「始皇帝」も「道教」に傾倒していました。

道教には「不老不死」を目指す「神仙思想」があります。彼は中国大陸の東には「不老不死の薬」があると信じ込んでいて、それを入手するために「徐福」を「蓬莱山(当時の日本)」に派遣しています。

———————————こちらから転載

山東半島のはるか東の海中に蓬莱山などの神仙境があり、そこには不老不死の仙薬があると信じられていた。秦の始皇帝も不老不死を願って仙薬を求め、徐福を蓬莱山に派遣した。

徐福は数千人の童男童女をつれて、蓬莱山に向かったという。この徐福の目指した蓬莱山とは日本のことで、徐福が日本に来たという伝説が残っている。

———————————

彼ら秦氏が建てた神社が、兵庫県にある大避神社です。なんと、この神社は「ダビデ王」を祀っているそうです。

———————————こちらから転載

大避神社(おおさけ神社)は兵庫県の赤穂にあります。「避ける」という字は昔は門構えの中にあり、大闢神社だったのです。

『闢』という字は「びゃく」と発音し大闢=だいびゃく=ダビデを表しています。

中国語でも大闢はダビデを意味します。

この大避神社は、秦氏が開設した神社なのです。

———————————

「桓武天皇」は「平安京」を造営しました。この都の造営には「秦氏」も活躍したとされています。で、この平安京にもやたらと「ユダヤ」との繋がりが見受けられます。

平安京はヘブライ語に訳すと「エル・シャローム」、つまり「エルサレム」となるそうです。

———————————こちらから転載

平安京をヘブライ語に訳すと平安=「シャローム」、京=「エル」で、「平安京」=「エル・シャローム」となる。

ここで「エル・シャローム」を繰り返し、何回も発音していると・・・・「エルサレム」である!!

つまり、平安京はユダヤ人の聖地、正確には都の名前「エルサレム」そのものなのだ。

———————————

さらに、桓武天皇は「平安京」を開くときに、「燔祭の儀式」を行っています。

———————————こちらから転載

平安京に遷都した桓武天皇は、古代ヘブライの燔祭(はんさい)の儀式を行なっていたという。

———————————

「燔祭」とはユダヤ教の律法で定められた礼拝で、当時のイスラエル民族は羊や牛などの家畜を燃やして、神様に捧げていました。

同じように、この「燔祭の儀式」を大々的に執り行ったのが、「ソロモン王」です。彼は古代イスラエルの王様でした。

この「ソロモン王」のシンボルマークが「五芒星」、別名「ソロモンの星」です。

そして、「平安京」は関西にある「五芒星の結界」の一つとなっています。

なぜ「五芒星」なのかさっぱりわかりませんでしたが、「桓武天皇」がソロモン王を重視していたとなれば、話は別です。

こちらから転載

これだけ聞くと、さも「桓武天皇」がユダヤ教を信じていた善人のように思えてしまうかもしれません。が、そうでは断じてありません。

なぜなら、この「平安京」は「道教」の思想に基づいて建てられているからです。

———————————こちらから転載

日本の古代で、中国の帝王が行ったと同じような宇宙の最高神(太一神 昊天上帝 皇天上帝)の祭りを行っている天子は右矢印桓武天皇です

その時の天神の祭文が『続日本書紀』延暦六年(787)の条に載せられてある.

「東文忌寸部献横刀時呪」

謹請、皇天上帝、三極大君、日月星辰、八方諸神、司命司籍、左東王父、右西王母、五方五帝、四時四氣、捧以銀人、請除禍災、捧以金刀、請延帝祚、 呪曰、東至扶桑、西至虞淵、南至炎光、北至弱水、千城百國、精治萬歳、萬歳萬歳、

これは、完全に中国における道教の呪術である。

———————————

真相は「桓武天皇」が「ユダヤ教」の知識を悪用した上で、道教の思想とごちゃ混ぜにし、「平安京」を作ったということでしょう。

彼も悪魔崇拝者だったのです。大昔から、彼らは聖書の知識をつまみ食いして、自分に都合の良いように利用してきた。その痕跡が「平安京」と「桓武天皇」の「ユダヤ」、「道教」との関係から見えてきます。

「桓武天皇」は「百済の王族」の末裔で、朝鮮人でした。実の父親が死去した際には「アイゴー」と叫んだと伝えられいます。「アイゴー」は朝鮮語です。

———————————こちらから転載

この記述は桓武の父 光仁天皇が亡くなって桓武がアイゴー(哀号)と叫びひどく取り乱し慟哭したことが書かれてある

「アイゴーと叫び慟哭する」

この所作は朝鮮民族の動作と同じもの

桓武天皇は生母が「高野新笠」

高野新笠は百済(古代 朝鮮半島の南西部にあった王朝)の王族にルーツを持つ「和氏」出身であり桓武天皇には百済の血筋がある

———————————

その一方で、「秦氏」も「百済」からやってきた一族でした。

日本の「秦氏」のルーツは「弓月君」です。彼が「秦の始皇帝」の末裔で、百済を通って日本にやってきました。「弓月」と「百済」は朝鮮語と日本語での読み方によっては「同音同義語」にもなります。

———————————こちらから転載

弓月君(ゆづきのきみ/ユツキ、生没年不詳)は、『日本書紀』に記述された、秦氏の先祖とされる渡来人である。『新撰姓氏録』では融通王ともいい、百済貴族の後裔または秦の皇帝の後裔とされる。

『日本書紀』によると弓月君は百済の120県の人民を率いて帰化したという内容があり、後で秦氏を名乗った百済人の後裔と見る意見もある

———————————こちらから転載

「弓月」の朝鮮語の音訓が、百済の和訓である「くだら」と同音・同義であることから、百済系渡来氏族とする説。

———————————

「桓武天皇」も「秦氏」の一派で、ユダヤ人だったと考えても間違いなさそうですね。

他にも、天皇家とユダヤの繋がりを示す、重要な証拠があります。

天皇のお墓の「古墳」の形は、「マナの壺」とそっくりだとされています。

マナの壺は、「モーセ」がシン荒野で神様が人間たちに与えた食べ物の、「マナ」を収めたものです。イスラエル民族にとっては重要でした。

こちらから転載

古墳を作ったのは「土師氏」だとされています。

——————————–こちらから転載

古代豪族だった土師氏は技術に長じ、出雲、吉備、河内、大和の4世紀末から6世紀前期までの約150年間の間に築かれた古墳時代の、古墳造営や葬送儀礼に関った氏族である。

———————————

「土師氏」は秦氏の一派で、「ユダヤ人」でした。「土師」は「ハジ」と読みますが、「秦」も「ハジ」と読むことがあるそうです。

———————————こちらから転載

6 訓読みで秦、幡、長谷、土師はそれぞれハダ(ハタ)、ハタ、ハセ、ハジ(ハニ)と一般的に読むが、ハタ、ハジを共にハセと読むことがある。

また、秦はハタ、ハダ、バタ、ハセと読むことがある。読みの違いは秦氏(ハタシ)の中の部族の違いや、発音の転訛などで、皆、秦氏の一員と考えた方が良い。

———————————

また、「秦氏」が建てたお寺と「土師氏」が建てたお寺は、同じ菩薩像を祀っています。

———————————

7 秦氏建立と推測される奈良の長谷寺も土師氏の氏寺の土師寺(道明寺)も共に十一面観世音菩薩が本尊である。秦氏も十一面観世音菩薩を信仰していた。

また、「土師(ハジ)」とはヘブライ語で「聖地巡礼を成し遂げた者」を意味するそうです。 「ヘブライ人の雑多な集まり」を意味するのが「秦(ハタ)」となるとか。しかも、秦は「ユダ族」とも捉えられるそうです。

——————————–

1 「土師=ハジ」を古代ヘブライ語で「聖地巡礼を成し遂げた者」と言う説

4 ハタは、ヘブライ語で「かき集めた者」を意味する。つまり、秦氏とは、大陸のヘブライ人をかき集めた人々の総称。と言う説

5 秦(ハダ)氏がイスラエル民族のユダ族である決定的な理由は「秦」の読みハダにある。「ユダ族」を意味する「(ヤ)ハダ」という発音を当てた。と言う説

——————————–

このように「秦氏」と「土師氏」は同じ氏族で、その正体は紛れもない「ユダヤ人」だったと言える訳です。

そして、土師氏とゆかりの深いスポーツが「相撲」でした。

土師氏の祖は野見宿禰で、「日本最古の」相撲取りだったとされています。

——————————–こちらから転載

野見宿禰(のみのすくね)は、土師氏の祖として『日本書紀』などに登場する人物である。阿陀勝、来日田維穂命の父。

垂仁天皇の命により当麻蹴速と角力(相撲)(『日本書紀』では「捔力」に作る)をとるために出雲国より召喚され、蹴速と互いに蹴り合った末にその腰を踏み折って勝ち、蹴速が持っていた大和国当麻の地(現奈良県葛城市當麻)を与えられるとともに、以後垂仁天皇に仕えた。

また、垂仁天皇の皇后、日葉酢媛命の葬儀の時、それまで行われていた殉死の風習に代わる埴輪の制を案出し、土師臣(はじのおみ)の姓を与えられ、そのために後裔氏族である土師氏は代々天皇の葬儀を司ることとなった。

——————————–こちらから転載

人間同士の相撲で最古のものとして、垂仁天皇7年(紀元前23年)7月7日 (旧暦)にある野見宿禰と「當麻蹶速」(当麻蹴速)の「捔力」(「すまいとらしむ・スマヰ」または「すまい・スマヰ」と訓す)での戦いがある(これは柔道の起源ともされている)。

——————————–

で、相撲も「ユダヤ」の風習が起源だと考えられます。「相撲」も「ハッケヨイノコッタ」も、ヘブライ語に訳すとそれぞれ意味が通るようになっています。

こちらから転載

——————————–こちらから転載

日本語の数々の掛け声の多くは日本語としては何の意味も持たないが、ヘブライ語で読むと秘められたオリジナルの意味が浮かび上がってくる。

まず相撲の取り始めに行司が発する「ハッケヨイ、ノコッタ!」であるが、ヘブライ語では「撃て、やっつけろ、打ち破れ」の意味となる。

——————————–

また、力士は土俵入りする前に「塩」を撒きますが、イスラエル民族も同じように塩で体を清めていました。

——————————–こちらから転載

相撲の際には、力士は土俵に塩をまきます。欧米人がそういう光景を見ると、「なぜ相撲レスラーは、塩をまいたり、土俵を行ったり来たりするのか。はやくやってくれればいいのに」

と思います。しかし、ユダヤ人なら、「あれは土俵を清めるためだ」と即座に理解するのです。

日本では神前に供え物をするとき、そこに必ず塩を添えます。けれども、これもまた、古代イスラエルの風習と全く同じなのです。古代イスラエルでも、神前に供え物をするときは、必ずそこに塩を添えました。

「あなたがたの捧げ物には、いつでも塩を添えて捧げなければならない」(レビ二・一三)と旧約聖書に言われているのです。

日本では、明治維新以前には、新たに生まれた赤ちゃんの産湯に、塩を少し入れる習慣があったそうです。

しかし、これもまた、古代イスラエルの習慣です。古代イスラエルでも、新たに生まれた赤ちゃんは、塩でやわらかくこすってから水で洗い清めました(エゼ一六・四)。

お清めや、「禊ぎ」という考え、またそのときに塩や水を用いるという考え方は、全く、古代イスラエルの風習と同じなのです。

——————————–

旧約聖書には、「相撲」とよく似た格闘をするシーンがあります。

イスラエル十二氏族の祖「ヤコブ」が創世記で天使と戦っていました。

「相撲」はこのヤコブの格闘の名残であると考えられます。

このように、「天皇家」の正体はどう考えても「ユダヤ人」で、彼らが「純粋なユダヤ教」を神道なる「悪魔教」にすり替えてしまいました。

で、その神道に「李家(ユダヤ人)」の編み出した「道教」の「天皇制」を組み込んで、庶民に「天皇」を拝ませてきたということでしょう。

まんまと「李家」が悪魔崇拝を広めて、日本人が偶像崇拝をさせて洗脳工作が成功してきた訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Copyright 2020 Giorno Di Gioia All Rights Reserved.